トラモカブログ!
My Natural Garden & Cafe
勉強

【2020年度9月版】最高で最強な勉強法とは

トラモカです!
みなさんは自分の勉強法って持っていますか?

おそらく1冊くらいは読んだことがあるけれど大して続かず挫折した方が多いと思います。
私もその一人です。

最近この件についてふと考えたのですが、
ある成功者一人の勉強法の一部を真似したからって自分に合わないことがあるのは当然では?
と思いました。

逆に、
複数人が共通して唱える勉強法は自分に合う可能性も高く、学力UPに繋がるのでは?と仮設を立てました。

そこで、この記事では
私が読んだ7冊の勉強本から共通して記載されている勉強法をまとめましたのでご紹介します。

今日の記事

7冊の勉強本から最強の勉強法を導きだす!

今回参考にした7冊の勉強本はこちらです!

①最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法 メンタリストDaiGo (著)
②ずるい勉強法 佐藤 大和 (著)

③完全保存版できる人の英語勉強法 安河内 哲也 (著)
④脳にまかせる勉強法 池田 義博 (著)

⑤聞いたら忘れられない勉強法 黒澤 孟司 (著), 小松 正史 (監修)
⑥東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法 河野 玄斗 (著)

⑦ULTRA LEARNING 超・自習法 どんなスキルでも最速で習得できる9つのメソッド スコット・H・ヤング (著), 小林 啓倫 (翻訳)

このすべてに共通していたのは
勉強はアウトプットが超大事

アウトプットとは音読、思い出し、自分の言葉で説明するなどです。
一人でできる勉強法のうち私が取り入れたい具体例をピックアップしてみます。

  • 1分間ライティング
  • 1分間マッピング
  • 自分の言葉で録音→3倍速で聞く

個々に説明すると、

  • 1分間ライティング

とは、白紙を用意して知識を書きだします。例えば、今日覚えた英単語!とか。
奈良時代の重要人物!とか。とにかく1分間で単語をアウトプットすることに注力します。
用途としては、英語や歴史など暗記ものに使います。

  • 1分間マッピング

これも白紙を用意して知識を書きだしますが、マインドマップ的を描くようにします。
例えば、現在完了形・過去完了形・未来完了形についてとか。
数学の証明問題の考え方とか。
用途は数学や物理など抽象度が高く概念を理解する科目に使います。

  • 自分の言葉で録音→3倍速で聞く

これは覚えたい事項を紙に自分の普段使っている言葉に直して台本を作る。
台本ができたら録音、3倍速で聞くということでした。

台本の作り方は覚えやすければなんでもいいです。たとえば1分間ライティングとマッピングの内容を多少覚えやすしたものでよいと思っています。

ここまでは自分一人でできる勉強法についてご紹介しました。

そして、今回はメンター制度による勉強を取り入れたいと思っています。
私は勉強を始めると5日も経たずに絶対に挫折します。これをどうにかしてやめたい!

なんだか禁煙みたいになっていますが、藁をも掴む思いです。

今後はプログラミングと英語を学ぶ予定ですが、
快くメンターを引き受けてくださりました。

ぜひ頑張りたいと思います!

他にもいろいろと取り入れたい勉強法があったので、
今後の記事でご紹介したいと思います!

最後に、今回読んだ本のリンクを貼りますので興味がある方はのぞいてみてください。